アマゾンウェブサービスを利用してコスト削減に成功

  • AWSのクラウドデータベースのダウンタイム

    • データベースを運用するに当たって、規模を拡大しなければならないことがあります。



      サーバを増強するなり設定を変えるなり、様々なことが必要となってきますが、そのためにダウンタイムが発生することもあります。



      サービスによってはダウンタイムが発生しても特にい問題にはならないこともあると思いますが、そうではないサービスも多くあるのではないでしょうか。
      たとえば、ソーシャルアプリやゲームなどでは、24時間アクセスできることが前提となることもありますし、金融サービスなどでもダウンタイムが発生することを嫌う顧客は多いでしょう。AWSのクラウドデータベースでは様々なデータベースのサービスを利用することができますが、その中でもAuroraは非常に優れたものだと言えるでしょう。


      基本的にはMySQLと互換性のあるサービスだと言われることが多いのですが、それだけではありません。



      クラウドに特化したサービスを提供しているという点で優れていると言えるでしょう。


      ですから、ストレージを増設することによって生じるダウンタイムをなくすことができます。



      ただ、これはAuroraを利用しなければならないという点に注意が必要です。



      AWSのクラウドデータベースでは他のデータベースアプリケーションを利用することもできますが、その中でもAuroraを選んでおく必要があります。

      Auroraはクラウドデータベースに特化したAWSのサービスで、他のアプリケーションではこのような機能はありません。



  • 関連リンク

    • まず最初にアマゾンウェブサービスとは、Amazon.com社が主にウェブ事業者や開発者のために提供しているオンラインサービスのことで、アマゾンで最も有名な部門であるショッピングサイトのインフラや商品データなどを外部に開放することによりウェブサービスやウェブサイトの運営者や開発者にインフラ系のクラウドサービスを提供するサービスのことです。メリットとしては固定費ではなく変動費なので、リソースを使用した時に使用した分だけ料金を支払うのため従来のようにデータセンターやサーバーに使用量もはっきりしないのに多額の投資をしなくてすむことや、アマゾンウェブサービスには数十万単位のユーザーの使用が集約されるため、低い変動コストで高いスケールメリットを実現できることや、アマゾンウェブサービスでは必要に応じてリソースの増減やスケールアップ、ダウンを数分で行えるため、必要なインフラ容量を予想する必要がなくなるため無駄なリソースが発生することもなく、機能が制限されることもなくなります、さらには従来、数週間かかっていた新しいリソースを使用するための時間を分単位で使用可能にすることにより、検証や開発にかかるコストと時間を大幅に削減できます。...

    • データベースを運用するに当たって、規模を拡大しなければならないことがあります。サーバを増強するなり設定を変えるなり、様々なことが必要となってきますが、そのためにダウンタイムが発生することもあります。...