アマゾンウェブサービスを利用してコスト削減に成功

  • アマゾンウェブサービスのメリット

    • まず最初にアマゾンウェブサービスとは、Amazon.com社が主にウェブ事業者や開発者のために提供しているオンラインサービスのことで、アマゾンで最も有名な部門であるショッピングサイトのインフラや商品データなどを外部に開放することによりウェブサービスやウェブサイトの運営者や開発者にインフラ系のクラウドサービスを提供するサービスのことです。



      メリットとしては固定費ではなく変動費なので、リソースを使用した時に使用した分だけ料金を支払うのため従来のようにデータセンターやサーバーに使用量もはっきりしないのに多額の投資をしなくてすむことや、アマゾンウェブサービスには数十万単位のユーザーの使用が集約されるため、低い変動コストで高いスケールメリットを実現できることや、アマゾンウェブサービスでは必要に応じてリソースの増減やスケールアップ、ダウンを数分で行えるため、必要なインフラ容量を予想する必要がなくなるため無駄なリソースが発生することもなく、機能が制限されることもなくなります、さらには従来、数週間かかっていた新しいリソースを使用するための時間を分単位で使用可能にすることにより、検証や開発にかかるコストと時間を大幅に削減できます。



      ほかにも、アマゾンウェブサービスを利用することにより、サーバー設置や積み上げ、電力確保などを行う必要がないため、それ以外の業務に集中でき効率があがったり、シンプルな操作と最小限のコストで、世界中の複数のリージョンにアプリケーションを容易に展開でき、より良い顧客体験を提供できることなどがあります。









  • 関連リンク

    • まず最初にアマゾンウェブサービスとは、Amazon.com社が主にウェブ事業者や開発者のために提供しているオンラインサービスのことで、アマゾンで最も有名な部門であるショッピングサイトのインフラや商品データなどを外部に開放することによりウェブサービスやウェブサイトの運営者や開発者にインフラ系のクラウドサービスを提供するサービスのことです。メリットとしては固定費ではなく変動費なので、リソースを使用した時に使用した分だけ料金を支払うのため従来のようにデータセンターやサーバーに使用量もはっきりしないのに多額の投資をしなくてすむことや、アマゾンウェブサービスには数十万単位のユーザーの使用が集約されるため、低い変動コストで高いスケールメリットを実現できることや、アマゾンウェブサービスでは必要に応じてリソースの増減やスケールアップ、ダウンを数分で行えるため、必要なインフラ容量を予想する必要がなくなるため無駄なリソースが発生することもなく、機能が制限されることもなくなります、さらには従来、数週間かかっていた新しいリソースを使用するための時間を分単位で使用可能にすることにより、検証や開発にかかるコストと時間を大幅に削減できます。...

    • AWSのクラウドデータベースでは様々な種類を利用できますから、既存のデータベースを移行することもできます。それとは別に、Auroraというデータベースが用意されています。...