アマゾンウェブサービスを利用してコスト削減に成功

  • AWSのクラウドデータベースの接続の問題

    • AWSのクラウドデータベースにSSH接続ができなくて困ると言われることがあります。

      RDSではエンドポイントが発行され、このエンドポイントに接続してクラウドデータベースを利用することになります。

      ここに接続できるプロトコルは限られていて、オンプレミスのデータベースに接続するのと同じようにはいかないと言うことは知っておかなければなりません。
      たとえば、ログを確認するためにOSに接続したいと思っても、それはできないのが普通です。



      それができると色々な不具合が生じるために、接続を制限しているものと考えられます。
      ですから、AWSのクラウドデータベースを利用するかどうかは、事前に良く検討しなければなりません。



      もしも接続できないことで必要な機能を備えることができないのであれば、他のサービスを利用することも考えなければならないのです。
      完全にオンプレミスと同じように操作をしたいというのであれば、AWSのEC2上にデータベースサーバを構築するのは良い方法です。



      こうすることによってオンプレミスと同じ操作を行うことができます。
      全く同じ状態を求めるのならこちらの方が適しています。



      ただ、クラウドデータベースの様々なメリットを利用することはできませんから、新たにデータベースを構築するのなら良い方法であるとは言えないようです。



      これまでのリソースを使うためになら良いですが、将来のことを考えればクラウドデータベースに特化したサービスを利用するべきでしょう。



  • 関連リンク

    • AWSのクラウドデータベースにSSH接続ができなくて困ると言われることがあります。RDSではエンドポイントが発行され、このエンドポイントに接続してクラウドデータベースを利用することになります。...

    • まず最初にアマゾンウェブサービスとは、Amazon.com社が主にウェブ事業者や開発者のために提供しているオンラインサービスのことで、アマゾンで最も有名な部門であるショッピングサイトのインフラや商品データなどを外部に開放することによりウェブサービスやウェブサイトの運営者や開発者にインフラ系のクラウドサービスを提供するサービスのことです。メリットとしては固定費ではなく変動費なので、リソースを使用した時に使用した分だけ料金を支払うのため従来のようにデータセンターやサーバーに使用量もはっきりしないのに多額の投資をしなくてすむことや、アマゾンウェブサービスには数十万単位のユーザーの使用が集約されるため、低い変動コストで高いスケールメリットを実現できることや、アマゾンウェブサービスでは必要に応じてリソースの増減やスケールアップ、ダウンを数分で行えるため、必要なインフラ容量を予想する必要がなくなるため無駄なリソースが発生することもなく、機能が制限されることもなくなります、さらには従来、数週間かかっていた新しいリソースを使用するための時間を分単位で使用可能にすることにより、検証や開発にかかるコストと時間を大幅に削減できます。...